母子家庭が受けられる支援や手当まとめ

スポンサーリンク
手当て・支援制度

主な支援や手当をまとめてみました。

わたしが受けていないものはわかる範囲での情報となりますのでご了承ください。

どの自治体でも行っているもの

自立支援教育訓練費給付金

この給付金は雇用保険から教育訓練給付を受給できない人が対象となる教育訓練を受講し、修了した際に支給される給付金です。

対象者

母子家庭の母又は父子家庭の父であって、現に児童(20歳に満たない者)を扶養し、以下の要件を全て満たす方

○ 児童扶養手当の支給を受けているか又は同等の所得水準にあること
○ 就業経験、技能、資格の取得状況や労働市場の状況などから判断して、当該教育訓練が適職に就くために必要であると認められること

支給額

対象教育訓練を受講し、修了した場合、経費の60%(1万2千1円以上で20万円を上限)が支給されます。

支給については、受講前に都道府県等から講座の指定を受ける必要がありますので、必ず事前にお住まいの市(町村在住の方は都道府県)にご相談下さい。

 

高等職業訓練促進給付金等事業

資格取得のため、1年以上養成機関で修業する場合に、修業期間中の生活の負担軽減のために、高等職業訓練促進給付金が支給されます。

対象者

母子家庭の母又は父子家庭の父であって、現に児童(20歳に満たない者)を扶養し、以下の要件を全て満たす方

○ 児童扶養手当の支給を受けているか又は同等の所得水準にあること
○ 養成機関において1年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれること
○ 仕事または育児と修業の両立が困難であること

支給額・支給期間

○ 高等職業訓練促進給付金
【支 給 額】  月額100,000円 (市町村民税非課税世帯)
月額 70,500円(市町村民税課税世帯)

生活費として毎月7~10万円が支給されるってことね

【支給期間】 修業期間の全期間(上限3年)
※平成30年度より、当該給付金の支給を受け、准看護師養成機関を卒業する者が、引き続き、 看護師の資格を取得するために養成機関で修業する場合には、通算3年分の給付金を支給。
○ 高等職業訓練修了支援給付金
【支 給 額】  50,000円(市町村民税非課税世帯)
25,000円(市町村民税課税世帯)
【支給期間】 修了後に支給

 

対象となる資格

高等職業訓練促進給付金等事業の対象となる資格は、就職の際に有利となるものであって、かつ法令の定めにより養成機関において1年以上のカリキュラムを修業することが必要とされている者について都道府県等の長が指定したものです。
(対象資格の例)
看護師、介護福祉士、保育士、歯科衛生士、理学療法士等

 

自治体によっては受けられない支援

わたしの住んでいる市では取り扱いのない支援ですが、こういう支援もあるそうです。

条件等は自治体によって異なるので詳しくは管轄の自治体にお問い合わせください。

  • 住宅手当
  • 児童育成手当
  • 交通費の減額・免除
  • 上下水道使用量の減額・免除
  • ゴミの手数料減額・免除

生活するのに必要な経費負担が軽くなるね

誰でも受けられる支援

母子家庭でなくても受けられる支援もたくさんあります。

世帯収入や障がいの有無によって対象者が決まるようです。

  • 児童手当
  • 生活保護
  • 遺族年金
  • 国保の免除
  • 国民年金の免除
  • 保育料の免除
  • 特別児童扶養手当
  • 障害児福祉手当

わたしが受けている支援・手当はこちらの記事で紹介しています。

わたしが母子家庭だから受けられている減免・免除
わたしが実際に受けている減免・免除を紹介します。 寡婦控除(かふこうじょ) 寡婦控除とは、死別や離婚によって夫から離れて再婚していない女性が受けられる所得控除です。 該当する条件 一般の寡婦控除 以下の2点の条件のいずれか

 

他にもシンママさん・子育てママさんの為になるブログがたくさんあります(*^▽^*)

 

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ

にほんブログ村 子育てブログへ

人気ブログランキング

 

 

コメント